病院で処方される胃薬のいいところ

薬といっても、さまざまなものがあります。
世界中を見渡すと、古くから伝統的な処方を行っているところも多く、独自の薬草などを飲む人も多いようです。
もちろん、それなりの理由があり、親しまれてきただけの信頼感を得られます。
日本では、病院から処方される薬と、個人で購入できる医薬品や医薬部外品など、さまざまな「薬」であふれかえっています。
なかでも多いのが胃薬で、家庭で常備していることも多い薬の代表格です。
病院で処方される薬のメリットといえば、やはりその効き目にあります。
ドラッグストアやコンビニなどで市販されている胃薬には医薬部外品も多く、病院で処方されるものと比較すると、効き目に難があるケースも多いようです。
一方、病院では医師による診察を受けた上で薬を処方するため、効き目のある胃薬を飲むことができます。
また、胃薬が会わなければ医師と相談したうえで、より体質に合ったものを処方してもらえることもあります。たとえば、薬にもアレルギー性物質が含まれていることがあります。
ドラッグストアで購入した薬を購入する際には、そのあたりにも気をつけなければなりません。
個人で購入できる胃薬は、すぐに手に入れることができます。
これは病院で処方される薬にはないメリットなのですが、いつでも買えるからといって、薬を飲みすぎるとやはり体によいことはありません。
当然ながら、作用があれば副作用もあるので、そういった説明を受けることは困難です。
病院で処方してもらえれば、胃薬の飲み方や副作用にまで説明を受けることができます。
こうすることで、最低限の量で最大限の効果が期待できます。
病院で処方を受けるには病院に行く手間や時間がかかりますが、それに見合った健康を維持できるのです。

市販の胃薬のいいところ

胃の不快な症状を改善してくれる胃薬には、市販薬も数多く販売されています。
1度はお世話になった事がある方が、多いのではないでしょうか。
市販薬の最大のメリットは、やはり気軽に購入できるという事にあるでしょう。
仕事が忙しくなかなか医療機関を受診できないという場合、ドラッグストで手に入る市販薬は、ありがたい存在です。
ドラッグストアは夜遅くまで営業をしているので、医療機関の診療時間が終わった後に、胃の不快な症状を感じた場合でも、すぐに胃薬を購入する事が出来ます。
「病院に行くまでの痛みは無いけれど、何だか調子が悪い」という時にも、市販薬は便利に使えるでしょう。
ただ、市販薬だと症状に合った薬を、選べないのでは?不安に思う方もいるかもしれません。
実は、市販の胃薬であっても、効果は様々で胃の症状に合わせて購入できるようになっています。
市販の胃薬には「荒れた胃の粘膜を保護し修復をサポートするタイプ」・「胃の機能を調整するタイプ」・「過剰な胃酸を中和するタイプ」・「胃酸の分泌を抑制するタイプ」と、様々な効果を持つ薬が販売されています。
医療機関で処方される薬でなくても、これだけ症状に合わせた薬を手に入れる事が出来るのです。
また市販薬には色々な胃の症状に対応した、「総合胃腸薬」というタイプもあります。
総合胃腸薬が1本常備しておけば、胃痛や胸やけ、食欲不振や膨満感など、様々な症状をケアできるのでお勧めです。
便利に活用できる市販薬の胃薬ですが、服用を正しく行わないと、改善の効果が出なかったり、かえって体の調子を壊してしまう事もあるので注意しましょう。
市販薬を服用する場合は、必ず説明書を読み、指示に従う事が大切です。

市販品の胃薬を試したけど効かない

胃薬を飲むときの症状として、大きくわけて二つあります。
まず、胃の痛みや胸焼け、むかつきなどの場合には、胃の働きが良すぎるため、胃酸を多く分泌している状態なので、胃酸の分泌を抑える薬。
胃がもたれる、胸がつかえるなどの症状の場合は、胃の働きが悪いため起こる症状なので、胃の働きを良くして、胃酸の分泌を促進させるための薬が必要となります。
胃薬には、まったく逆の働きをするので、市販品を選ぶ際に、自分の症状と異なる薬を飲んでしまった場合には余計悪化させてしまう場合があります。
胃薬を間違わないためには、薬剤師のいるお店で、薬剤師に症状が出た期間や痛みが出る状態などを伝えて、正しい薬を処方してもらうことが大切です。
また、胃薬が効かない原因として、ストレス性の胃痛や、ピロリ菌の感染、胃潰瘍、逆流性食道炎さらにひどい場合には、胃がんということもあります。
胃薬が効かない場合には、病院に行って診断をしてもらうことが大切です。
単なる胃痛と言っても、市販品が聞かないという場合には何らかの原因があるはずなので、病院で早めに診てもらうことがとても大切です。
病院での治療は、まず、ストレス性胃炎の場合には、消化器官運動機能改善薬や健胃剤などを処方してもらうことができます。
また、ストレスを解消することももちろん大きな改善に繋がります。ピロリ菌の感染が確認された場合には、ピロリ菌を除菌するための薬物療法を行います。
胃薬によって改善することができない場合には、病院での早めの診断が治すための一番の方法となります。
病院で胃カメラなどの診断によって、ピロリ菌の感染やがんなどといった症状に対しても早めに対応することができるので、治療がしやすくなります。
★薬買うならここ
ネキシウムで胃を労わろう