胃痛に飲む薬の胃薬の種類について

現代はストレス社会と言われ胃痛をはじめ胃の不快感や調子の悪さを感じたことがある人が多いです。胃痛を感じたため市販薬を買いに行ったらその数の多さにどれを選んだら良いのか悩むこともあります。実は、一言で胃薬と言っても症状に合った種類の胃薬を選ぶことが大切です。胃薬の種類としては、胃の調子を整えるもの・胃の蠕動運動を促し消化を促進するもの・胃酸を中和するもの・胃酸の分泌を抑えるもの・胃酸による胃の粘膜のダメージを抑制するもの・胃の痛みを抑えるものがあります。胃薬によっては相反する作用を持つものや一緒に飲むと相互作用により効果が期待できないことがあるので使用には注意が必要です。市販の胃薬を使用する際には薬剤師に症状を伝え相談し、適切な胃薬を選択してもらうことが大切です。
胃痛の原因として胃炎、胃潰瘍、胃がんなどがあります。胃炎、胃潰瘍は胃酸の量が増え胃粘膜に炎症を起こしたり傷をつけ出血やただれなどを起こすことから痛みが起こります。胃酸過多の状態であるためにゲップが多くでたり胸やけがおこることもあります。この場合には胃酸を中和したり、胃酸の分泌を抑える薬が使われることが多いです。同時に胃粘膜の保護するための薬や痛み止めも用いられます。ここで注意したいのが、痛み止めにも種類があり胃に負担をかけ症状を悪化させてしまうこともあることです。痛み止めを使用するときにもしっかりと確認し、胃の負担を最小限にとどめられるようにすることが大切です。
胃薬を使用しても改善が見られない場合や飲むのをやめると症状がぶり返したりする場合などには胃がんなどの重大な病気の可能性があるためしっかりと病院を受診し医師の診察を受けることが大切です。