レバー式の蛇口から水漏れした場合の修理方法

同じような蛇口からの水漏れでも、その形によって修理方法が異なります。レバー式の場合には、レバーを取り外してパッキンを交換するのが主な作業であり、レバーの仕組みについても理解しておく必要があります。作業を始める前に水道の元栓を閉めるのはどのようなタイプの蛇口でも共通していることであり、元栓を閉めるのを忘れると作業中に水が飛び散る恐れがあります。普段は元栓の存在を気にしていないご家庭も多いのですが、いざという時のために場所を把握しておくことは重要です。

通常は一戸建てなら家屋の脇や裏にあり、集合住宅なら玄関のドア付近にあります。元栓を閉めたら、ドライバーを使ってネジを緩めてからレバーを外し、レバー下部分はモンキーレンチを使って分解していきます。蛇口を取り外すと2か所にパッキンがありますので、新品に交換したら終了です。種類が色々ありますので、メーカーや型番を合わせるのは必須です。

この修理でも水漏れが直らなければ、内部カートリッジに問題が発生しているかもしれません。内部カートリッジに問題が生じた場合、同じ型番のカートリッジを購入して修理する必要があります。カートリッジの交換や取り付けはそれほど難しくはありません。自信がない人は、事前に取扱説明を読んでご自宅の蛇口について学んでおくことをお勧めします。

シングルレバーの場合には、ナット部分の緩みも水漏れの原因になりますので、緩んでいそうな時には最初に締め直してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする