蛇口の水漏れで修理が必要かを判断する

全ての蛇口からの水漏れで、業者への修理依頼が必要になるわけではありません。中には驚くほど簡単に素人が直せるケースもあり、時間もそれほどかからないことがあります。依頼が必要になるケースとしてもっとも多いのが、蛇口本体の取り換えが必要になるケースであり、蛇口本体の交換となるとかなりの知識が必要になりますし、修理を行うための技術も必須ですので対応できません。その場所に合った本体を用意するだけでも難しいので、その場合は早めに修理業者の選定に移りましょう。

自力での対処が必要かを判断する時に、必ず最初に行いたいのが元栓を閉めておくことです。元栓も閉めずに水漏れの箇所を特定しようとすると、その間にもどんどん溢れ出てしまいますし、作業をしている時に水浸しになってしまう恐れがあります。基本的に自力で対処できそうなのがナットの緩みやパッキンの劣化であり、どちらも少しの手間で直せる症状です。割合としても非常に多いので、何も分からない状態ならこの二つを確認するのが先決です。

部品の位置から考えると、ナットの緩みを確認するのを先に行った方が効率的です。ナットの緩みはモンキーレンチを使って締め直せますので、まずは締め直してみて水が止まるかをチェックします。これで止まらない時に蛇口部分を分解してパッキンの交換をする手順にうつり、パッキンは型番の合ったものを用意する必要があります。蛇口の種類によってはパッキンが2つついているものもありますが、その場合は2つとも交換しないと水漏れが直らないかもしれません。

尼崎の水漏れ修理のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする