ハンドル混合水栓の蛇口から水漏れをした時の修理

ハンドル混合水栓の蛇口から水漏れが発生した場合、まず最初に症状をよく確認します。ハンドルを回した時に漏れ出てくる場合には、内部にあるパッキンの摩耗が原因になっている可能性が高くなります。混合水栓ですからお湯と水が左右のハンドルをひねることで出るようになっており、症状が出ている方のハンドルだけを取り外してパッキンを交換する修理が必要です。同じ水道についているハンドルであっても、多く使う方が早く摩耗するのは当然のことであり、修理が必要なタイミングも違います。

ハンドルを閉めた時に水漏れが発生している場合、やるべきことはケレップまたはスピンドルの交換です。ハンドルを閉めている時にはこれが主な原因であり、交換を済ませれば大抵は収まります。ここまでやっても止まらない時には、素人では対処が難しい範囲である可能性が高くなりますので、業者への依頼が必要です。応急処置として元栓を閉めて、業者の到着を待ちましょう。

蛇口といっても様々なタイプがあり、自力での修理が難しいケースもあります。自力で難しいと判断したら、迷わず業者を選定して連絡を入れるのが得策です。電話をしてもすぐに来てくれるわけではなく、順番待ちでずい分待たされることもあるため、早めに自力での修理が可能かを判断する必要があります。業者なら色々なタイプの蛇口の修理を行っていますので必要な部品も大抵は揃っていますし、問題の箇所の特定もスムーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする