蛇口の水漏れ修理をする方法

水道の蛇口から水が滴っていると、音がしたり、水が飛び散ってしまったりするので早めに修理をすることがおすすめです。放置していると水道代がもったいないですし、自然になおることはなく徐々に滴る水の量が増えてきます。蛇口からの水漏れの原因となっていることで多いのが、パッキンの劣化です。修理をしたことがある人なら、ホームセンターなどでパッキンを購入してきて交換するだけなので、すぐになおすことができます。

自分でパッキン交換をしたことがないという場合には、水道修理の専門業者に依頼すると格安の費用で交換してもらうことができます。交換をする場合には、パッキンの実費と修理費用が掛かり、出張費用が加算されることがあるので事前に料金を確認しておくと安心です。いくつかの業者に費用を確認して安いところに依頼すると良いでしょう。パッキンを交換しても水漏れがおさまらない場合には、パッキン以外の部分が劣化して不具合を起こしている可能性があります。

場合によっては、部品の交換だけでなく蛇口を含む水道栓全体を交換することになる場合があるので、業者に見積もりを取って比較することをおすすめします。パッキン以外の部分の場合には、自分で修理をすることが難しいため業者に依頼する方が良いです。水漏れ箇所が複数ある、水漏れの様子がおかしいなど気になることがある場合には、最初から無料の点検や見積もりを利用して依頼するとスムーズに進みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする