自分でできる蛇口の水漏れの修理手順

蛇口の水漏れは、日常生活の予想もつかないタイミングで突然起こります。基本的には、取り付けたばかりで起こることはほとんどなく、10年以上使用期間を経ていることが多いようです。業者に修理依頼をする前に、自分でおこなえることがあります。もしもの時に備えて、どんな手順を踏めば良いのか把握しておくと安心でしょう。

.まずは、蛇口の種類を理解しておくことが大切です。タイプによって、水漏れが起きた場合の修理の仕方が違います。一般的な家庭では、「シングルレバー混合水栓」と「ハンドル混合水栓」2種類のどちらかがほとんどです。「シングルレバー混合水栓」は、レバーがひとつ付いていて、上下左右に動かして水を出します。

上下で水量の調整を行い、左右で温度調節をするタイプです。「ハンドル混合水栓」は、冷水と温水それぞれをハンドルを回して水量と温度の調節をおこないます。シンプルな構造で壊れにくく、築年数の古い家屋などで見られるタイプです。.蛇口の種類が分かったら、修理に取り掛かる前にどこから水が漏れているかを確認しましょう。

シングルレバー混合水栓の場合、最も水漏れしやすいのがレバーの下です。「バルブカートリッジ」と呼ばれる部品を交換することで解消することが可能です。レバー下の金具からのトラブルも、老朽化したバルブカートリッジかパッキンを交換することで修理できます。一方、ハンドル混合水栓の場合は接続部のナットが緩んでいることが多く、しっかり締めることで解消可能です。

蛇口の取り付け部分やハンドルの下から漏れている場合は、パッキンを交換します。トラブル箇所を確認して、自分では難しそうだと判断した場合は、無理をせず業者に依頼するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする