トイレの水漏れ修理も自力で解決

トイレの水漏れ修理も、自力でできることがあります。まずは水漏れの箇所を特定する必要があり、トイレでは様々な箇所で発生する恐れがあります。例えば、ロータンク内から音が発生しているケースでは、ボールタップや浮き球が調べる部分です。ボールタップの止水弁が壊れていると水漏れが発生しますので、その場合は新しいものに交換する必要があります。

浮き球は割れてしまうことがあり、割れたら同じ規格の新品を用意して交感するだけで修理は終わりです。便器内は一度水を流すと一定時間は流れ続けて、その後は止まるようにできています。それがずっと流れ続けることがあり、その場合にはフロートバルブの不具合が疑われます。フロートバルブとはタンクの下部にある黒いゴム栓のことであり、レバーと鎖でつながれているのが普通です。

鎖が絡まっている場合には解いておくことで解消され、摩耗しているようなら新品に交換しなければなりません。部品自体はホームセンターに置いてあり、鎖の調整さえできれば自力でも修理できます。パイプの接合部分からでも、水が漏れる可能性があります。トイレの修理の中でももっとも簡単な部分であり、ナットを締め直すだけで止まりますので締め直してみましょう。

締め直そうとしているのに空回りしたり、締め直しても止まらない時には、ナットかパイプの破損が疑われます。パイプが問題なら修理業者に依頼する必要があり、ナットならホームセンターで新品を購入します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする