ドローンを利用した航空測量のルールについて - 身近になりつつある空撮

ドローンを利用した航空測量のルールについて

subpage01

ドローンは航空測量の中でも活用が行われている無人航空機です。
人が立ち入る事が出来ない危険な場所でも、ドローンを使えば上空から地上の撮影が出来るなどからも利用する企業も増えています。
航空測量は地図や地形を調査する時に行うもので、一般的にはヘリコプターなどの航空機が利用されるケースが多いと言われています。

航空測量の知りたかった情報がきっと見つかります。

ヘリコプターを使う場合には操縦士や測量を行うスタッフが搭乗する必要があり、コストも多く掛かる事になります。
これに対してドローンは地上からの遠隔操作を行えば作業員の数を減らした形で航空測量が出来るメリットを持っています。



操縦士の資格を持たなくても、ドローンの操作が可能であれば航空測量が出来るなどからも幅広い分野で利用が行われています。
ちなみに、ドローンは資格を持たない人でも操縦する事は可能です。



しかし、近年ドローンによる事故が各地で発生しているなどからも、航空測量などでドローンを利用する場合には許可承認を受ける必要があります。
また、無人航空機の飛行禁止エリア、飛行におけるルールなどが定めてあり、安全な飛行のためのガイドラインに沿った形でドローンを使う事が求められています。
空港などの周辺の場合は、他の航空機の飛行の邪魔にならないようにするため、安全性を確保する、そして許可を得た上での飛行が許されると言います。

上空150メートル以上や人口が集中するエリアなどにおいても許可を得た上で飛行が可能になります。